最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:大学院生活全般
結果

惨敗・・・

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:大学院生活全般
成績が3つでた。

2つやらかした。

平均以上だったけれど、やらかした。

ちょっとしゃれにならない。

残りの2つの結果次第。

まじ、やばい・・・
DATE: CATEGORY:大学院生活全般
昨日は、友人の卒業に際して、

"Go out to change the world"

という言葉について書きました。昨日の日記はこちら

今日はその続きです。

日本語にも、似た言葉があります。

そう、

「書を捨てよ、町へ出よう」

です。

もともとは、ノーベル文学賞を受賞した作家、アンドレ・ジッドがアルジェリアを旅した後に記した「地の糧」に登場する言葉らしいが、寺山修二という人が編集していた評論集もこのタイトル。

僕のような素人がこの言葉を見ると、なんとなく「書」は不必要なのかと思いがちですが、真の解釈はそうではないようです。

「書」を十分読んだのちには、生きている「町」へでかけ、書から得た見識と比べ、考え行動せよ。そして、その後に、「町」で感じたことを「書」でもって再び考えよ、と言っているらしい。「書を捨てよ、町へ出よう」の詳しい解釈はこちら。

これって、まさに僕が理想としているところ。

就職して感じた疑問・問題意識で、今大学院にいます。そして、また近々マニラで短期間ですが働きます。そして、またマディソンに戻ってきます。

このサイクルから学ぶことは大いにあります。
DATE: CATEGORY:大学院生活全般
友人たちが旅立ちました。

そう、先週末は卒業式だったのです。

広島大学時代からの友人や、こちらに来て知り合った友人たちが卒業しました。

卒業式にも参加してきました。

土曜日、公共政策大学院を修了した友人の卒業式は、なんと、州議事堂でありました!

capital view


DCの連邦議事堂の次に大きな議事堂と評判の、普段はなかなか足を踏み入れることのない議事堂です。しかも、そのコアな場所、議会場です。

capital at graduation no2


普段、(不足しがちな)州予算や世界でも有数のバイオテクノロジー政策の審議などがおこわなわれているのでしょう。そう思うと、興奮してしまい、議会場の様子をパチパチ写真に撮ってしまう僕・・・・

capital at graduation



いやいや、きちんと友人も写真におさめましたよ笑。

tokushige


そして、日曜日は、学校全体の卒業式。そして、全体の卒業式は、あのオバマもスピーチした、17000人収容可能な室内競技場で行われました。(ちなみに、愛すべき福岡ドームは35000人収容可能らしい。)

なんと、信じられないのですが、数千人の卒業生全員に学長が、卒業証書を手渡ししたのです!すげぇ!!!!日本だと、まとめてなのに・・・興奮です。

あっ、えらく興奮していますが僕は卒業生ではなく、観客です。

学長のスピーチも「かっこぇーなー」と感動!!!!!

そして締めのフレーズはこれでした。

“Go out to change the world”


日本語でいえば、「世にでよ、そして変革を!」という感じでしょうか。(訳センスない!)

アメリカらしい贈る言葉です!

いつの時代も、世の中には3種類の人しかいないのです。

変革に抵抗する人、変革を見守る人、そして、変革を起こす人。

どういったworldを目指すのかとか全く言っていないのですが、でもやっぱり心に響きます。アメリカの大学の使命は、”go out”そして”change the world”する人材を育成することなのです。

僕自身も学部の交換留学の際に、この使命感、そしてそこに惹かれてくる各国の学生とアメリカ人学生の雰囲気に魅了され、かつてケンブリッジ大学でも少しの間勉強していたことがあるにもかかわらず、将来はイギリスではなくアメリカの院に通おうと決心しました。

あれから、かなりの年月が経ちましたが、NYで迎えたNew Yearで誓った道とほぼ同じ道を歩いてこれました。

卒業生でない僕ですら、今までの自分の人生を振り返るほど感動したので、卒業したみんなはおそらく感極まるものがあったのではないかと想像します!

友人たちも、卒業して、「go out, and then change the world」していくのではないかと思います!

彼ら・彼女らの門出に乾杯!!!
DATE: CATEGORY:大学院生活全般
本日ついにすべての授業、テスト等、今年度のアカデミック行事が終了!

正直な感想は、いやー、おわった。

ほんと今セメは大変だった。

一人での戦いだった。

でも途中仲間に精神的に何度も助けてもらった。

先セメもそうだったが、今セメわかったことは、「自分は勉強ができない」ということ。特に、ディスプリン。

英語もまだまだである。

マディソンはやっぱり寒いのがいやだ。最近は暖かくなったので気分が軽いが、極寒の中だと正直気が参りそうだったこともある。

でも、ぽかぽかしていると勉強する気にはならないので、寒いのがいいのかもしれないが。実際、PhD取得までにかかった年数は、暖かいカリフォルニアやテキサスの方が、寒い中西部・北東部より1-2年長いらしいので。

あまりに毎日勉強だったので、正直明日から何をすればいいのか途方に暮れている・・・。

でも、とりあえず終わりだ!!!!!

お疲れでした!!!!

copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。