最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:マディソン生活
今、明け方の5時近く。

寒くて寝れない。
今日はマイナス22度。

体感気温はなんとマイナス30度。

しかも、昨日までゼロ度位だったから、アパートの暖房があまりきいていない。

寝れない・・・

やばい、明日も授業なのに・・・
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:マディソン生活
マディソンには、La Follette School of Public Affairs(通称「ラフォーレット」)というプロフェッショナルスクールがあり、僕もそこの「Trade, Govenance and Competitiveness」という授業を一つ受講しています。その関連で、今日はセミナーに参加しました。

スピーカーは、Mark Copelovitch助教授。彼は、なんと!!ハーバード出身!ハーバードでPhDをとって、その後プリンストンでポスドクをして、そしてUW-Madisonに来たようです。

UW-Madisonには、UW-Madison出身者の次くらいに、ハーバードやシカゴ、バークレー、MIT出身のFacultyが多いように感じます。ただ若手が多く、業績を上げるとハーバードやイェール、スタンフォード等に引きぬかれていくことも多いようですが(T T)・・・。

ただ、若手でやる気も満々な人が多いということで、学生にとっては活気もあるからいいことなのかなとも思います。笑。

セミナーは、国際政治経済の話でした。特に、貿易体制がその国の為替制度にどのような影響を与えるのかなど、IMFのデータを使って、回帰分析をしていました。

内容はともかく、びっくりしたのは、政治学が専門にもかかわらず(政治学科と兼任)、数量分析をしていたことです。

日本の政治学というと、一部を除いて質的研究が多いように感じますが、アメリカは少し違うのかなーと思いました。

数字で考えることは、一長一短があるわけで、数字だけ見ていても見失うものがあるだろうし、数字を使わないことも客観性に疑問符が付きそうである。

その点で、今日のセミナーの内容は興味深かったわけです。内容は、IDEASの白井さゆり先生の授業で習った、国際金融のトリレンマの話に似ていました。

国際金融のトリレンマとは???、次回のお楽しみで今日はおやすみなさい~
DATE: CATEGORY:マディソン生活
今日ある授業で宿題を提出しようとして、隣の人の解答をみると圧倒的に量がちがう!

なんと、問題文&グラフ付きの問題だったのですが、その問題+グラフに加えて、こそっと、教科書掲載の問題を解答するように指示されていたのです。

「まじ、わからないよ!」

みなさんも見てください↓
http://www.ssc.wisc.edu/~mchinn/pa856ps2_f07.pdf


何をやらなくてはいけなかったかというと、「KO6, #1、KO6, #8、KO6, #10」の部分。

「わかんねぇし」

授業後に先生に頼みに行くことに。

オレ:「ここに書かれていることに気が付かなかったので明日提出させてもらえないですか?」

すると、チン先生は

あっさり、

「ノー。」

ストレスが溜まりまくっていたので、

「オ イ ! チ ン ! な ん で だ よ!」と、

心の中で叫ぶ。

先生「もうみんなに解答渡したし、不公平だから。点数は変わらないから大丈夫だよ」

オレ:「点数変わらないなら、提出させろよ!」

と心の中で。

抗議しようかと思ったが、よく考えると自分の不注意という事実に気が付く。

くそ!もうちょっと、人情深く、

『あー、ほんと申し訳ない!そうさせたいことは再提出を認めてあげたいのはやまやまなんだけど、ほかの院生の目もあるし。ほんとごめん、今回はノーだね。』

位、「ノー」の前に言葉があってもいいじゃん!

チン先生にしてみればかなりの言いがかりだね。はい。

最近、不注意なミス連発。パスポートを落とすし、見つかって取りに行った銀行のATMで、キャッシュカード落とすし。散々だよ・・・。

DATE: CATEGORY:マディソン生活
友達とのリラックスは大切なひと時ですよね。

アジ研(IDEAS)
のころは、履修科目も全員共通であったり、同じ勉強スペースがあったりで、分からないことに対しては皆で考えて勉強する状況にありました。ところが、今は同じプログラムの人は様々な授業を履修しており、共通の勉強スペースがないこともあり、一人で勉強することも多いのです。

一人で勉強していると、分からないことに対して、勉強し克服しようとするのではなく、自分の力のなさに不安が募ってくることも多いかと思います。そのような不安を他の人も持っているのだ、ということを知れるだけでも、精神的に楽になり、勉強も進むと思います。

不安や期待を共有できる友達は、自分が生きるうえでとても大切だし、相手にとっても自分がそのような存在になりたいなと思います。
DATE: CATEGORY:マディソン生活
今日は、マディソンでの生活状況をお知らせしようかと思います!

(1)宿泊施設(契約の概要・広さ・宿泊費・大学までの距離等)

契約の概要:一年契約、家賃1ヶ月550ドル(光熱費込み)
広さ:15畳くらい
バス・トイレ・キッチン・家具付
大学まで徒歩15分、無料バスで5分

以前アーカンソー州に住んだことがあるが、そのときと比べてもマディソンの生活水準は高く、治安もいいです。夜中に女性が1人で歩いていても不思議ではないです。


(2)物価(生活用品・食品・交通費等)
生活用品:文房具とテキスト以外は日本より安いです。

一ヶ月の生活費:自炊をすれば350-400ドルくらいで十分。週に1-2度友人と外食するなど、ゆとりを持って生活できます。

固定費:電話代:40ドル、電気代30ドル、ネット代40ドル

交通費:学生は市内バスは全て無料です。

copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。