最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:インターン探し
JICAインターンの志望動機の、下書きです。わかりにくいところ等あったら指摘してもらえるとありがたいな~。

ちなみに、募集についての日記はこちら。

-----------------------------------------------
• 志望動機: なぜその実習ポストの分野(科目)/国を選択したか?
私がガーナ国における中小零細企業・地場産業実態把握調査を志望する理由は、研究テーマとして、中小零細企業や地場産業を考えているからです。

また、ガーナに注目する理由は、近年良好といわれている経済ビジネス環境の中から、成功要因を抽出したいと考えているからです。

ガーナは2000年のクフォー大統領就任後に、ビジネス環境の整備、および、腐敗の一掃という政策の柱を掲げて、そのビジネス環境は西アフリカの中でもかなり改善したと言われています。

したがって、ガーナにおける中小零細企業・地場産業の実態を調査することを通じて、どういった要因が今までビジネス環境の改善につながってきたのか、そしてこれから(特に貧困削減の観点から)どういった要因が必要とされているのかについて調査したいと考えています。

また、ビジネスの環境整備や中小企業発展の成功要因を探ることは、他の途上国における応用可能性を探る点からも、必要なことであると考えています。

• 本プログラムに何をすることを期待するか? 自分に何ができるか?

本プラグラムに期待することは、次の3点です。

1点目に、サイト視察を通じて、援助プロジェクトが、中小零細企業振興に与える効果を、五感を持って感じ考えたいと思っています。

2点目に、新規案件の調査に携わることで、ニーズ・シーズの洗い出しがどのように行われているのかについて知りたいと考えています。

3点目に、そもそも援助機関が中小零細企業振興に携わる意義について考えたいと思います。また、どのように関わることで効果を最大化できるのかという問いに答える機会を期待しています。

また、私にできることは以下の2点です。1点目に、戦略論に基づいて中小零細企業の強み・弱み・機会・脅威について分析できることです。2点目に、データ処理の補助作業ができる点です。

• 大学院における研究課題(内容)は? 将来の進路は?
大学院における研究のキーワードは、「地球温暖化」「途上国の民間セクター開発」「貧困削減、特に公衆衛生面における改善」です。

具体的には、「地球温暖化という制約条件の中で、途上国の企業はどのような戦略に頼れば、成長を遂げることができるのか?」「公衆衛生面の改善を果たすには、どうのようにして民間セクター開発を行えばよいのか」ということを考えています。

将来の進路は、国際NGO、国際機関、大学という場から、専門分野の専門家としてかかわっていきたいと考えています。

------------------------------

以上


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:インターン探し
今年の冬にJICAでインターンをしようかと考えています。

なぜなら、今までインドネシアの農村に3週間英語が通じない中滞在したり、社会人のころマレーシアやタイの工場に行ってあれこれやった経験はあっても、いわゆる「援助プロジェクト」には触れたことがないからです。

根本的な「援助は役に立っているのか?」という問いも持っています。

また、「どのようにすれば援助は国の発展や人々の健康状態の改善に貢献できるのか」という疑問もあります。

というわけで、JICAでインターンをしようかと思っています。

募集要項@JICA

締切は、5月2日必着ですので、皆さん急ごう!!!

ちなみに、なぜか院生限定です。

なぜだろう・・・。

優秀なら、学部生も受け入れればいいのに・・・・。院生でもだめなやつはだめで、学部生でもすごいやつはすごいのに。いちいち、能力や動機を見ている暇ないのかな・・・。ちうわけで、学部生方はごめんなさい、ということのようです。

僕の、その志望動機(下書き)はこちら。

DATE: CATEGORY:インターン探し
「インターン情報はどこで探したらいいですか?」という質問が来たので、共有しておきます。

日本でのインターンが中心となりますが、以下のMLで探すのがベストかと思います。時々、海外のインターン情報も流れてきます。

■Developing WorldというコミュニティのML
http://www.dwml.net/
日本にある、NGO、国際機関等幅広くかばーしていますよ

■国際協力NGOナビ
http://blog.mag2.com/m/log/0000142233/
NGOに特化していて、情報量も豊富です。インターン・ボランティア情報もよく
流れてきます。

■JICAパートナー
http://partner.jica.go.jp/
JICAやNGOを中心にインターン情報が流れてきます。


タグ : キャリア インターン 開発 国連


copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。