最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:国際貿易
国際貿易のテストが返ってきました。

そう、あの連続シリーズ

第1回(雪辱を誓い意気込む編
第2回(試験直後落込む編
第3回答えを見て呆然とする編

の続きです。

結果は、ABの成績。どの位かというと、上位25~50%です。その中で一番上だったの、もう少しでA:上位25%、でした。

予想外に成績は良かったです。他の人の成績と比べて相対的に良かったようです。

これは結構力を入れて望んだのでほっとしています。ケアレスミスで結構落としたので、次回はもっと行きたいです!

学期末に向けて、目指せトップ3!

って、成績なんて人生の中では些細なことに過ぎないのだけれど。それよりも大切なことを見過ごさないようにしたい。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:国際貿易
*前々回(雪辱を誓い意気込む編)、前回(試験直後落込む編)の続き


早くも、国際貿易の試験の解答が授業のウェブにアップされた。(こちら



見てもらうとわかるように、いたって難しくない内容。いや、簡単ですらあるかもしれない。

なのに、

選択問題、間違った。

しかも、過去問と同じ内容のものを英語単語を少し変えただけのやつを複数。

なんで?

本当に、悔しい。

選択肢の英語の意味を、本当の意味で理解できていない。
直訳ではだめ。その単語から出題者が何を問おうとしているのかを理解しないといけない。

今回は、結構前から準備していたのに、この結果。

落ち込むというよりは、自分の不出来具合に腹が立つ。

ありえん!!!!!!

あー、気分転換に風呂入ろ。
DATE: CATEGORY:国際貿易
国際貿易テスト終わりました。

答案は返却されていない。撃沈、とまではいかないけれど、いまいちだろう・・・。

なぜだ。

テストの中身自体はできる内容なのに、時間が足りない。

思考の反射神経が悪いのか・・・。

原因のひとつは、英語ということで、問題文読むのも、そしてテスト用紙に書くのも、遅い。

英語力がない
  ↓
テストの回答に時間がかかる
  ↓
 焦る
  ↓
わかる問題も落とす
  ↓
いけてない結果

おい!何でだよ!チン先生も、「こいつできないなー」と思っているだろうな。

というわけで、ここ1ヶ月で英語力が大向上ということはないと思うので、英語力不足でできない分を、他人よりも内容で勝負するしかないと思うようになりました。

要するに、知識量・計算スキルといった中身が相当あって初めて、まーまーの結果をテストでだせるということ。

勉強あるのみ!おー。
DATE: CATEGORY:国際貿易
こないだの日記の続きです。(http://masah2.blog118.fc2.com/blog-entry-38.html

国際金融のトリレンマ(ジレンマの3つ版)という話ですねー。

それならば、IDEASで人気講師だった白井先生が担当していたかと思います。

両立不可の3つの項目とは

1)固定為替レートの維持 
2)国際資本移動の自由化、
3)国内金融政策のコントロール、

だったはずです。(以下は全て文末に「はず」が必要ですw)。

個々について書くと、固定為替レートの維持=外国為替市場への介入、
自国通貨の買い売りを大量にして為替レートを維持したりする。

2)国際資本移動の自由化=海外からの投資・投機が自国に入ってくることを規制しないこと。

3)国内向けの金融政策で、海外の金利や為替レートとは乖離して、金利を設定したりすること。

ご存知のとおり、アジア危機では、これが証明されたといわれている。アジア危機前には、三本柱を維持していたように思われた。つまり、固定為替制度、ドルペッグ制下で、貿易や投資に有利なように為替レートを設定していた。
=(1)の維持。

また、海外からの投資や投機が集まるように、国内での金利を市場の均衡よりも高く設定していた。すると、金利が市場均衡の金利よりも割高になるので海外からの投資・特に投機が集中していた。投機が集まっている際にはいいけれども、一度引き上げ始めると大変なことになる。

それがアジア危機だった。海外からの投機引上げが急増した際に、外貨準備で介入して、固定為替レート(1)を維持しようとして介入したけれども底をついてしまい、(1)が維持できず、固定為替制の崩壊を招いた。やがて、2)も一時閉鎖、3)もあきらめざるを得なくなった
(IMFとかが来て、金融政策の主権は消滅)。

現在の東南アジアは、1)をあきらめて2)と3)を維持しようとしているはず。

金融って面白いですね~
DATE: CATEGORY:国際貿易
国際貿易の理論の勉強を、明日の予習のためにしました。主なテーマは、前回がリカードモデルだったのに対して、今日は「特殊要素モデル(Specific Factors Model)」でした。

教科書は、↓で学部上級~修士初級レベルと比較的わかりやすい内容です。
International Economics: Theory And Policy (Addison-Wesley Series in Economics) International Economics: Theory And Policy (Addison-Wesley Series in Economics)
Paul R. Krugman、Maurice Obstfeld 他 (2006/07/15)
Addison-Wesley
この商品の詳細を見る


上記のテキストは、日本語版もあるようです!

理論の勉強で、感覚的に当たり前と思うことを、数式や図を使って理解していきました。結論は、国は得意なものを生産しそれを貿易する。そして貿易によって、被害をこうむる人もいれば、儲かる人もいる。だから、貿易による影響を計測するのは大変です、という感じです。

リカードモデルと特殊要素モデルの違いから理解しましょう!

リカードモデルが、生産に必要なものは労働者のみを考えていました。しかし、特殊要素モデルは、生産に必要なものは、資本(≒お金、人材の質、技術力?)と、土地を加えました。しかし、当然といえば当然のような気がしますが・・・。資本がないと生産なんてできないだろうにと思います。

なぜ資本と土地を加えたら違いが出てくるかというと、資本や土地は労働者のように簡単に産業間を移動できないからです。

つまり、労働者は、農業セクターから工業セクターに移れるけれども、資本や土地は移れないというわけです。だから、それぞれのセクターが持っている資本や土地は決まっていて、それが生産量を決めるように働くというわけです。

だから、労働者数が増えても、生産量がその分増えることはなく、生産量の増加量が減っていくというわけです。だから、日本では製造業が得意だからといって、ほいそれと農業セクターの資本や土地は、製造業に代わらないというわけです。

さらに、国によって資本や土地の広さが異なります。

たとえば、日本は資本は豊かですが、土地が限られている。一方、アメリカは資本が日本よりも少なく、土地が豊富。

だから、日本は土地がそれほど必要でない製造業が発達し、アメリカは土地が必要な農業が得意になった。得意ということは価格が安いということで、日本の製造業の製品(例えば車)はアメリカの車よりも安く、アメリカのとうもろこしは日本のとうもろこしよりも安い。

貿易が行われると、日本は車を輸出し、アメリカはとうもろこしを輸出する。そしたら安いものを手に入れることができるわけで、お互いハッピーではないか!となるわけですが、社会を細かく見ていくと異なります。

アメリカの車会社は、日本車にやられ、日本のとうもろこし農家は、アメリカ産のとうもろこしに負けるわけです。そうすると、アメリカの車会社に勤めていた人は給料が減り、日本の農家も大打撃を受けるというわけです。つまりこの損得勘定を詳しく見て、社会全体として貿易をすればハッピーかどうかその効果を測ることが大切というわけです。



うーむ、当たり前ではないか・・・・と、教科書を読んで思ったわけです。

copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。