最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ADBインターン
あと、3日でプレゼンなのに、終わらない・・・

まじで、やばいー。

てか、なんで早めにやっていなかったのだろうか・・・

昨日、おなか壊してダウンしたのも痛かった・・・。

健康第一。健康崩すと全てのペースが崩れる。無理厳禁。日ごろから体を鍛えるべし。
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ADBインターン
別れを告げる.

フィリピンを離れるまでに1週間をきった。始めにグットバイを言うのは僕。なぜ別れはつらいのだろうか。

時とは、人の意思とは逆のスピードで流れるものなのだろうか。

早く過ぎてほしいジカンほど長く感じ、大切なジカンほど一瞬で過ぎ去っていく。

時を大切にする。

時は金ではない、時は命なり。時は出会いなり。

新しい環境に行く楽しみよりも、別れを告げることがつらくなってきたのは年をとってきたのだろうか。

出会いは偶然だけれども、別れは必然。出会いに感謝し、別れに躊躇する。しかし、別れは自らの選択の結果でもある。出会いに感謝するのと同じ様に、別れにも感謝したい。今まで私にくれたあなたの時間をありがとう。

Family, friends and colleague, thanks you for your time and life.

You make my life.
My life is with you.
You are my life.
My life is in you.

I wish your happiness.
DATE: CATEGORY:日本社会と国際開発
Mixiのニュースから、昨年のミス日本のブログを読みました!なんと、ベトナムに行っていろんなことをおもったという旨が書かれているではないですか!

中田といい、このミス日本の方(知花さん)といい注目を集める人が、世界のことについて発信することはいいことだなーと思います。で、彼女のブログを読んで思ったことは、


                 スイッチをOffにしない。


発展途上国のことを「知る」ことから始まり、やがて自分に何ができるのかという「考える」
段階に移ります。

そこで多くの人は、「ジブンハ、ナニモデキナイ」と思うかもしれません。確かに、日本で生活している人にできることは限られています。

しかし、「スイッチをオフ」にしないことが大切なのかもしれません。開発途上国への興味のスイッチ。

興味を持つだけでもいい、人とおしゃべりするだけれでもいい。

一人一人が小さな興味の「灯火」を掲げていれば、暗闇でも明るくなります。

大きな灯火を掲げ、行動する人だけが素晴らしいのではなく、一人一人が社会を少しでもよくしようとすれば、それは大きな流れとなって、社会はよい方向に変わっていくのではないでしょうか。

むしろ、一つの大きな灯火だけでは暗闇を明るくすることはできません。それが消えれば終わりだからです。しかし、無数の小さな灯火があれば、それがすべて消えることはなく、永遠に続いて
いきます。

スイッチをオフにせず、灯火を掲げ続けましょう!
DATE: CATEGORY:ADBインターン
あなたはなぜうちの銀行ではたらいるのか?

開発に貢献したいからか?貧困削減か?それとも待遇がいいからか?アジアが好きだからか?

恐らくスタッフの数だけ答えはあるだろう。

そんなあなたは専門知識を持っている。ただ、共有しているだろうか?うちの銀行は、ナレッジバンクになると言っているが本当になれるのか?

「ナレッジバンクになんかなれないよ。」「マニラでまわりに大学も研究所も少ないし」

確かにそうである。

しかし、図書館本や大学教授からの知識よりも活用されていない海のそこに埋まっているナレッジがある。

それは、スタッフの頭の中にあるナレッジだ。

どうやってナレッジを共有しているのか?

ラーニングセッションで聞くと、「インフォーマルなネットワーク」という答えがあった。

1ヵ月半、ナレッジデータベースのために走り回っているが、ネットワークは壁にしか思えなかった。

誰も共有しようとはしていない。今まで数たくさんのオペレーションをやってきているのにも関わらず、そのノウハウは個人の頭の中に眠っている。

それを引き出す仕組みとイニシアティブがこの組織には必要だ。知識を集め、集団として加速することは何よりも大切だ。でなければ、いつまで経っても、「エンドオブポバティ」なんてものは達成されない。

独占していたほうが得をするのか?そんな馬鹿な?これからは、知識やノウハウを開放し共有する人のほうが、より知識やノウハウを得る社会になる。

一人一人が少しでもノウハウ、経験、知識を持ち寄ろうとすれば、銀行として、はたまた社会全体として素晴らしい程の量の経験を共有することができ、大きな前進をすることができるはずである。
DATE: CATEGORY:ADBインターン
アデベで知り合った友人が、寺子屋に合格しました。

寺子屋といってもそろばんをやるわけではなくて、外務省が日本の外交戦略として打ち出している平和構築の分野の人材を、国内外から集め、育て上げるというもの。平和構築の分野では世界的に超有名な講師陣をそろえて、名実ともに日本から人材を送り出そうとしているエリートプログラムなのです。

熱意のある人が成果を出して、少しずつそれが積もっていって、少しでも世界・社会がよくなればいいなと思う。惰性に打ち勝て。個ためだけではなく公のために貢献しよう。

って、やっぱり自分の周りの人が頑張って成果を出していると自分も刺激を受けるなぁと思い、何よりも嬉しく感じた一日でした。
DATE: CATEGORY:世銀奨学金
世界銀行奨学金の結果はすでに合格者には通知が行っているようです。参照先:世銀奨学金合格通知(NGO枠)コメント欄
DATE: CATEGORY:世銀奨学金
世界銀行の奨学金(NGO枠)の合格通知が来た方がいるようです。

ただ昨年のケースを話しますと、他の方の合格報告をウェブ上で見つけて失望し就職を決意したあとで、数日後に自分の元にも合格通知が届いたので、個人によってばらつきがあるかもしれないのでしばらく待つのも手かと思います。

奨学金コメント欄参照
DATE: CATEGORY:キャリアデベロップメント
ずいぶん前ですが、ブログ経由で質問が来たので共有しておきます。今回は、学校の比較です。

【質問】
キャリアとして国際協力を考えていますが、学部卒業後の進路として、以下の①か②で悩んでいます。

IDECを受験し、JOCV(ザンビアプログラム)に参加。
②JOCVを受験し、帰国後イデアスを受験。


【回答】
①か②かは迷われるポイントかと思います。私でしたら、将来努めたい機関で進学先を決めると思います。

もしも将来的に国際機関や海外の機関に勤めたいようでしたら、IDEAS→留学がいいと思います。国内の大学院は正直まだ国際機関に人材を送り出せるほど、ネットワークや評判も確立していないかと思います。ただ、国内の大学院でもかつて国際機関に勤めていた先生方はコネがあるかと思います。

また、IDECも英語で授業を行っていますが、日本人や外国人留学生の話す英語はゆっくりで、ネイティブの英語のレベルとは異なるので、IDECと海外の大学院では身につく英語力も異なると思います。

逆に、将来的に日本のJICAや大学で働きたいのであれば、IDECはお勧めかと思います。特に教育でしたら、広島か名古屋ですのでいいかと思います。

疑問点があれば遠慮なく聞いてください。
DATE: CATEGORY:ADBインターン
今日は、ラーニングセッションがありました。題して、「アデベ as Bank」。銀行としてうちの機関がどんな特徴を有しているかについて話がありました。金融の話はほぼ初めてだったので苦労しました・・・。しかし、特徴として自己資本比率が44%もあるらしいです・・・。ありすぎやろ。

今日は、ハッピーな一日でした♪明日もがんばろう!
DATE: CATEGORY:ADBインターン
うちの機関への、気候変動分野についてどう戦略的パートナーシップを組むかが僕のアサイメントです。今回はそのメモです。まだまだですね・・・

<うちの機関の提供金融商品の枠組み>
1) Ordinary Capital Resources: 世界の金融市場から資金を集めて貸し付けを行う。
2) Asian Development Fund: ドナー国から援助金として資金を集めて、それを低金利で貸し付けをする。
3) Technical assistance: ドナー国から特別に供与された基金やうちの銀行の予算を通じてグラントとして与えるもので、プロジェクトのデザインや制度の改善のために使う技術支援
4) Innovation and Efficiency Initiative:新しく作られたものでよく分かっていない。

<うちの機関の強み>
1)金融機関(ファイナンスに特化する)⇒ テクノロジーや政策、研究は別のところに任せる
2)公的機関 ⇒ 民間が踏み込めないような、産業発展段階が未熟なハイリスクの案件も扱える
3)エネルギーやインフラ系に強い ⇒ サイエンスやインパクトは弱い

ということは、エネルギーや経済インフラ系に公的機関として融資するというのが方向性として出てくる。それであるならば、必要なものは、1) 政策やテクノロジーの知識を得る機会、2)後々に民間金融機関を誘い込む枠組み・パートナーシップ、3)新エネルギー、省エネやインフラの知識・技術、ということになる。

<うちの機関の弱いところ>
1) 政策研究と技術開発・研究
2) CO2 capture and storage

<うちの機関の今後の方向性>
1) 地域統合を目指す ⇔ マーケットの統合を視野に入れる
2) 貧困削減はインフラ整備から ⇔ 経済インフラの重視
3) ナレッジの提供
4) パートナーシップの促進 ⇔ 金融という場を仲介として、様々なアクターを結びつける

・地域統合を目指す⇒財とサービスの統合、炭素市場の確立
・経済インフラを重視する⇒エネルギーの確保⇒新エネルギープロジェクトの重視
・ナレッジの提供⇒ナレッジを提供するといって、一方で金融機関としての役割も大きいのでリサーチ部門を拡充するということとは矛盾している。果たしてどのようにして金融機関かつナレッジバンクとしての役割を両立させるのであろうか。
・CCを行っている民間金融機関、新技術を持っている企業・研究所・大学、CCに関する効果的な政策研究を行っている大学や研究機関を結ぶ役割。

<疑問点>
1) 一体、エネルギーやインフラ、炭素市場以外でどのようにして気候変動に対処できるのか?

2) 金融への特化とナレッジバンクは両立するのか?⇒政策投資銀行、世界銀行等は本当にナレッジの提供という役目をはたしているのか?

3) 金融機関はどういった機能を持つことでその役割を果たしているのか?
・金融商品の販売⇒気候変動やエネルギー関連の金融商品の充実化
・異なる企業間の仲介?⇒例えば、エネルギー関連のプロジェクトするときに、その関連技術に詳しい企業を連れてきたりするのか?

4) ナレッジを提供するといいつつ、援助国の政府の役人や学者よりもナレッジは豊富なのか?どのようにしてナレッジを蓄積しているのか?人材ベースか?人材ベースであれば弱いのではないか。DCの銀行の方が層が厚く魅力的なのではないか?

5) 地域統合を推進する役割があるが、それは気候変動の分野ではどのようにして可能なのか?CDM、JIの実施?

まだまだなので、頑張らないと・・・・
DATE: CATEGORY:留学一般
過去に世銀奨学金を受けた方でご縁がなかった場合は連絡が来ましたか??という質問が来ていたので、知っていらっしゃる方がいたら、情報提供をお願いします~。その方は、奨学金によって院進学を決めるようなので、早く情報がほしいようです!
DATE: CATEGORY:留学一般
久しぶりのブログ。基本平日は毎日書くように心がけていますが、先々週末からNYCに行ったりで忙しかったので更新が滞りました。またがんばります。

世銀の奨学金について質問が来たので共有しておきます。過去のログはこちら。世界銀行奨学金についての質問(08/03/25)

「結果発表はどうでしたか?世銀のDC事務所から連絡が来ましたか?それとも、日本の事務所からでしょうか?」

→メールでDC本部から来ました。ちなみに、世界銀行の奨学金の事務局はメールで問い合わせをしてもよほど大切なものではない限り返信はないかと思います。私がそうだったですし、友人もそうだったようです。ですので、電話をされるのが一番よいかと思います。

「奨学金を受け取ると、1年目の学業成績によって2年目の更新が決められると聞きましたが、それはかなり厳しいものでしょうか? 平均GPAなんかがあるのでしょうか?」


→私もまだ更新が確定しているわけではないのでなんとも言えないのですが、世銀奨学金を受給していた先輩から、1年目から2年目の継続は成績がよほど悪くない限り継続されると聞いています。

copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。