最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:研究のコツ
どうやったら、研究、特に論文をよりよいものにできるのだろうか?

ひとつは、「人に見てもらう。」ということ。

今日は、授業の課題として書いている「インドの大気汚染と健康被害」のレポートを、公衆衛生専攻の人に見てもらいました。

まったく僕がだめだめということもありますが、足りない点がよくわかりました。

特に、彼の専門の公衆衛生の部分は、「いやー、さすがするどい!」

とても参考になりました。

また、彼の専門領域外の事を聞かれて、僕が答えられないこともあったので、やっぱり専門家でない人であっても自分の専門領域のことを説明する価値はあるなーと思いました。

やっぱり、論理的構造の問題とか、原因と結果の問題とかはどの領域でも共通しているからだと思います。

というわけで、論文をブラシュアップするためにも、いろいろな人にみせてもらい、意見をもらい、質問してもらい、たたいてもらいましょう!

見てくれた○さんありがとうございました。

タグ : 論文 PhD

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。