最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キャリアデベロップメント
どのようなバリュー(価値)を出すことで開発に貢献しますか?

留学を考える人たちは、今からどのような道(分野)をたどるべきか悩むことも少なくない。そのときには、

i) 自分の過去を棚卸しし現在進むべき道を考えること(backward casting)、
ii) こうなりたいという未来から現在進むべき道を考える(forward casting)、

という二つのアプローチが必要だと考えます。

IDEASやIDECで先生・OB・OGと話す中で、国際開発に関わる人たちには大きく分けて3つの道があるのではないかと考えるようになりました。

①職務経験を活用する
今までの職務経験を活かして留学の分野を決めて、さらに将来的にもその職務経験を武器に働いていこうとすること。OBの中には留学以前の職務経験を活用して活躍している人がいます。

例えば、銀行員として金融の知識があれば、留学先でも金融関係の専攻を選び、その後の就職先としても、JBICやWB,ADBなど金融機関や国際機関の金融部門を選ぶようなキャリアパスです。

また似たような例として、青年海外協力隊の人たちも、農村開発や教育活動をJOCV時代に経験したことから、似たような分野に貢献しています(結構JICAで働いている人も多い)。

もしIDEAS入学以前に十分な職歴がなくても、留学先での専門+インターンを経て、就職する人もいます。

このアプローチを取る人は、職務経験を現場で積みながら、その経験をバリューとして出していくこともできる人たちです。具体的には、国際機関やJICA,NGOの世界各国の現地オフィスを渡り歩き、プロジェクトベースで仕事をする人たちにこのようなキャリアパスを踏んでいる人が多いように思います。

②学歴を活用する
学歴とは、所属していて学校のことではなく、勉強歴のことです。このアプローチは、今までの学歴を活かして、さらにそれに磨きをかけることです。

日本の大学院を修了した人は、留学先でもPhD課程に進み、その後世銀などの国際金融機関や大学に就職しています。この人たちは、学問を活用することで開発に貢献しようとしています。

具体的には、大学の教授をしながら、国際協力プロジェクトの評価をする、世銀のYPPに入るなどです。ある学問(経済学や社会学、環境学等)を体系立てて学び、統計や調査法を身につけ、論文を書いていく過程で学問を活用して、バリューを出すことができるようになることです。

このアプローチは、体系だって物事を考えたい人に向いている。国際機関やNGOの本部で働きたい人、将来的に大学などの研究機関で評価や調査に携わりたい人、国際機関・NGOでマネジメント側につきたい人、に向いていると思います。

③専門的職業知識を活用する
専門的知識とは、会計や法務などの職業に直結している知識のことです。このアプローチは、職歴と学歴を活用するという点で、①と②の中間ではないかと思います。

会計士や弁護士などの資格を有している人たちはその資格を十分に活用できるし、そうしている人も多いように思います。弁護士の資格があれば法整備支援の実務や、研究に関わっている。実際に、世銀・WTOには弁護士採用の枠があります。


結論
最初の、backward castingとforward castingの観点から考えると、「今まで」自分は職歴を積んできたのか、それとも学歴なのか?それとも専門的職業知識(会計や法務等)なのか?

そして、「将来」自分は、職歴を武器にするのか、学歴を武器にするのか、専門的知識を武器にするのか?

以上のことを見極めることが大切かと思います。

そして、見極める際にすぐにできるのは、今、自分の回りにいる同期・同僚の中でこれだけは負けない、将来負けたくないということがあるとしたらどんな点か?を考えることだと思います。
Comment

会計士

ご質問があります。弁護士であれば法整備や研究とおっしゃいましたが、会計士が専門性を活かして活躍する場合は、どのような業務がありえるのでしょうか?やはり、経理・監査を行うくらいでしょうか。また、会計士の採用枠などはあるのでしょうか。教えていただけるととても助かります!

Re: 会計士


はるか昔のコメントへの返信で恐縮ですが、会計士も活躍できると思います。例えば、私の知り合いは元会計士で現在IFCに務めています。また、国連のJPOでも会計や人事などのバックオフィス系のポストは積極的に採用しているようです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



IDEC略称 = 国籍 = 郵便番号 = 〒532-8550本社所在地 = 大阪府大阪市淀川区西宮原1-7-31電話番号 = 06-6398-2500設立 = 1947年(昭和22年)3月26日業種 = 製造業統一金融機関コード = SWIFTコード = 事業内容 = 制御機器、制御装置、FAシステ



copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。