最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キャリアデベロップメント
PhDに進学したのはどうしてですか?

今冬に日本に帰国したときにIDEASを訪問したのだけれど、その時によく聞かれた質問です。

正直、選択肢としてなぜか全て持っていたのだけれど、Masterか、はたまた就職か、PhDか迷いました。

が、結局PhDを選ぶことに。

2週間ほど悩みました。その間に、親、パートナー、友達、先生などたくさんの人から意見をもらって決めました。

理由は下みたいな感じかな。。。

1.「そもそも勉強したい」と思った
広大、IDEASと、国際政治や開発、そして経済を勉強してきました。しかし、勉強すればするほど、分からなくなってきたわけです。国が経済発展をするためにはどうすればいいのか、人々が幸せになるためにはどうしたらいいのか?その答えを追求したいと思ったからです。

2.「PhDがほしい」と思った
セミナーに出席した際に、PhDを持っている人の意見を聞くと納得することが多かったし、なぜか「かっこいい」というような憧れを持ったからです。特に、学部や大学院、研究所で常に海外の博士課程に進学した先生方に御世話になってきたという経験も大いに影響しているように思います。

3.差別化のため
国際開発の世界は、Masterがないと就職が難しいといわれています。それは特に、財団やNGO,国際機関について当てはまるわけです(JICAやJBICは学部の新卒も多く採用している)。

そうなると、就職するとみんなMasterを持っているわけで、その際に他人と自分をどう差別化していくのかということを考えました。その際に、1)職歴、2)学歴、3)資格、で差別化していくしかないと思いました。

僕は職歴はありますが、国際開発に関連した職歴ではないので、「働いたことがあります」程度のものでしかないわけです。

そうすると、自分が今までやってきて、特にIDEASの同期と比べたときに差別化できるものはなんだろうと考えると、学を積んできたってことくらいしかなかったわけです。だから、とことんやってPhDを取ろうと思ったわけです。

4.将来は日本を拠点に働きたいから
「国際」と名が付く仕事をやりたい、と思って生きて来ました(かなり浅はか)。だから、一度就職したときもそんな仕事をできる会社に入社しました。今も、海外に行ける仕事がいいなと漠然としたイメージが根底にあります。

しかし、やがて親は老いて、自分もバリバリ海外で働く、もしくは海外出張することが大変になってくるかもしれない。また、家族を持つと日本で過ごすことも必要となってくるかもしれない。

そうすると、「日本に帰えろう」、「日本を拠点に仕事をしよう」と思うようになると思います。また、単純に祖国や故郷福岡に貢献したいという思いもあります。

開発・公共政策分野でInfluentialな仕事をするとなると、大学や研究機関やOxfamなどの国際NGOが志望先になりそうでした。もちろん、JICAや外務省という就職口もあるのですが、JICAは調整が中心で自分の愛称と合うか不安でしたし、また外務省もローテーションで開発の仕事を続けられるとは限らないと思ったわけです。

というわけで、10年後を考えて、「今は海外で修行するときだな」と思い選択しました。

と、書き始めると眠くなってきたので続きはまた書きます。ちなみにこれは、IDEAへ提出する報告書のたたき台になりそうです笑
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。