FC2ブログ

最新のブログ

*現在ワシントンDCの国際機関で働いています。新しいブログはこちらをご覧ください

FC2カウンター

Since September 9th 2007

プロフィール

masah

Author:masah
ウィスコンシン大学マディソン校所属。

Motto is "Think locally, Act Globally. Truth is just beside me, not in the world."

「真実は個性の数だけ存在する」

専門商社勤務の際に開発の問題を垣間見て、広島大学大学院国際協力研究科(国際政治学)へ。その後、アジア経済研究所開発スクール(開発学)を経て現在に至る。

以上の経験から、政策・制度という枠組みで、経済学・政治学・法学全てできたら理想と思っている。

なんて理想を掲げ、経済学の素養を身に付けるぞ、と乗り込んだはいいが、文学部卒の門外漢が通用するはずもなく、11月15日現在、凹み気味。

アマゾンに寄稿した書評リスト(本ブログと重複あり)

最近欲しい本

TOEFL:273点
世界銀行奨学生(JJ/WGSP)

カテゴリー

リンク

google

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

月別アーカイブ

英語学習はDSで!

最近のコメント

RSSフィード

FC2ブログランキング

メールフォーム

気軽にメールください!!

名前:
メール:
件名:
本文:

google

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:キャリアデベロップメント
前回の日記では、PhDを選択した理由を書きました。

よく聞くことは、『「将来的にはPhD進学に興味があります」程度なら、今はMaster Program を選択した方がいい』ということです。

僕はそうは思わず、『「将来的にはPhDプログラムに興味がある」のなら、今PhDプログラムを選択した方がいい』と思っています。(アメリカの大学院限定。イギリスは分かりません)

「PhDプログラムを選択したのはなぜですか?パート1パート2」で書いてきた理由に加えて、以下の理由があります。

1)年をとればとるほど学校に戻るのは大変
Masterをとってから一旦働いてまたPhDに進学するのは一長一短かと思います。確かに、一旦働くことで有益な経験ができ、それが勉強の意欲や洞察の深さにもつながると思います。一方で、年をとると学校に戻るのはとても大変です。日本の団体が支給してくれる奨学金は年齢制限があります。また絶対に年を取ると、勉強する体力や記憶力など落ちて来ます。これは間違いない。自分よりもPhDプログラムの仲間の方が若くて覚えがいい、なんてことがあります。

2)また振り出しに戻らないといけない
アメリカの大学院の場合、たとえMasterを修了していてもその単位がカウントされてPhDが短くなることは殆どありません。PhDに入学した際には、またコースワークから始まるわけです。Master 2年+PhD4-5年が必要なわけです。それならば、最初からPhDに進んでいたほうが時間の節約になるかと思います。
*ただしイギリスのシステムでは異なるはずです。

結局、PhDを将来的に視野に入れているのであれば今から進学するのもいいのではないかと思うのです。

ただ、よくないこともたくさんあります。

1)難しい
PhDプログラムのコースワークは、Masterのそれよりも難しい。Masterなしでいきなり、PhDから始めるのはリスクがあるかもしれません。ただ、僕もほとんど経済学やこう周囲衛生を学んだ経験がない中、PhDレベルの授業をとっていますが、なんとかなるとも思いますが・・・

2)学校や先生が合わないかもしれない。
直接PhDに進んでしまって、その時にそのプログラムや先生、専攻が自分にあわないと入学後に判明することもあるかもしれません。そうなると悲劇です。転校も簡単ではないので、4-5年もその場所で過ごすのは苦痛になるでしょう。だから、とりあえずMasterの2年間で、どの専攻が好きなのか、どの学校が優れたプログラムを提供しているのか、などを把握した上で、PhDに進学すると、入学後のミスマッチは少ないと思います。若干今でも僕はウィスコンシンのうちのプログラムでよかったのだろうか、と迷うことがある・・・

3)「学問」しか学べない
PhD課程(アカデミックスクール)は、「学問」をします。一方、(人から聞くところによると)ビジネススクールや公共政策大学院といったプロフェッショナルスクールは、グループワークやプレゼンがあったり、実務に直結したことを学びます。実は、この差は留学前に抱いていたよりもかなり大きい。だから、学術的なことよりも実践に興味がある人、実務的なスキル向上をしたい人には、PhDは全く向いていません。一人で本を読んで、授業に出て、ペーパーを書く毎日です。もちろん時には、仲間と勉強しますが・・・

4)経験をつめない
このリスクが一番大きいです。つまり勉強ばっかりやっていると、開発の現場で何が起きているのかわからないし、机上の空論になりがち。さらに、「開発問題をなんとかしたい!」というモチベーションもどんどん落ちてくる可能性があります。PhDで勉強している間に、ほかの人は着実に職務経験を重ねて、洞察力を深めていることを考えると、どんでもないリスクがPhDという道を選んだ人にはありますね失笑。

まとめると、リスクをとるのが好きではない人、ビジネスや政策立案、公衆衛生、教育(実務より)といったプロフェッショナルスクールで教えられていることに興味があるひとは、PhDには応募しないほうがいいと思います。

逆に、ビジネススクールや公共政策大学院(DukeのIIPD,Columbia SIPA, Harvard Kennedy School, Johns HopkinsのSAIS, GeorgetownのMSFS)、パブリックヘルス、教育大学院でバリバリスキル+実務力を磨きたいのではなく、開発のイシュー(環境や教育)やディスプリン(開発経済学や教育学、社会学)に興味があるのであれば、直接PhDに進学することを考えてみてはどうですか?という提案でした。

それは下の本にも書かれている↓(アマゾンで詳細が見れます)
アメリカ大学院留学―学位取得への必携ガイダンスアメリカ大学院留学―学位取得への必携ガイダンス
(1996/02)
ロバート・L. ピーターズ

商品詳細を見る



もちろんこの提案は、自分がIDEASから直接PhDに進学していることから、この記事を読む人は、僕がPhDのいいところを語ってくれるだろうと、期待していると思いそうしています。要するに、偏見にみちた提案であることは間違いないです笑。

ちなみにプロフェッショナルスクールのMAの人が、PhDに進むときは大変かもしれません(僕がそうだった)・・・

*本記事は、IDEASへの報告書のたたき台です。
Comment

PhD取得者とMA上がりの実務家がなぜ差別化しうるのかというと、体系的な学問のトレーニングを受けていることと、その視座を持って情報の整理・分析が出来るというところだと思います。

後はどういう風に現場の問題に取り組むかというところのスタンスの違いなんだと思います。国際機関にとっては車輪の両軸のようなものだと勝手にイメージしてます。

コメントありがとうございます。確かに、車輪の両輪のような気がしますね。MA+現場職歴を武器にする人は、オペレーションや実務に長けているのだろうし、PhD+研究歴を武器にする人は、自然と分析の仕事とかがまわってくるのかもしれないですね。あくまでも想像ですが・・・


上の記事は、masahが書いたものです!投稿者の欄に間違えて、コメントしてくれた方の名前をかいてしまいました・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © 開発とアメリカ大学院留学-開発スクール生のその後 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。